カーペットクリーニングのおすすめタイミングは?

カーペットは大判の洗濯物です。
カーペットの素材や性質から自宅で頻繁に洗濯できないケースもあることでしょう。
カーペットクリーニングのために専門店に依頼するお宅は少なくありません。
だからこそカーペットクリーニングのタイミングで悩んでしまうことがあるのではないでしょうか。

カーペットクリーニングはどのタイミングで行えばいいのでしょう。
カーペットのお手入れやカーペットクリーニングのタイミングについて解説します。

カーペットクリーニングのタイミングは?

カーペットクリーニングのタイミングは夏と冬です
夏の中でも特にジメジメする梅雨と、暖房を使いはじめる頃がカーペットクリーニングのタイミングになります。

梅雨は夏の中でも特にカビが生じやすい季節です。
気づいたら普段使いしているカーペットにカビが生えていることもあります。
カビ防止のためにも、梅雨のタイミングで1度カーペットクリーニングに出しておきたいものです。

もうひとつのタイミングとしては、冬の暖房を使いはじめるころがカーペットクリーニングのタイミングになります。
冬場は暖房の関係でダニが発生しやすい時期だといわれています。
ダニの食事になる食べカスや人間の体の皮脂などはカーペットにつきやすいため、カーペットがダニの温床になる可能性があるのです。
暖房を使いはじめる月は地域によって異なることでしょう。
できれば、自宅の暖房を使いはじめる季節に合わせて、一度カーペットクリーニングに出しておきたいものです。

カーペットクリーニングのタイミングは夏と冬。
年2回を目安にするといいでしょう。

家でできるカーペットクリーニング以外の対処法

カーペットの大きさや素材から自宅でカーペットクリーニングができないことも少なくありません。
カーペットクリーニングのタイミング外にカーペットの汚れが気になる場合や、普段からカーペットをキレイにしておきたい場合などは、
どのようにケアしたらいいのでしょう。

自宅でできるカーペットクリーニング以外の対処法はふたつあります。
ひとつはこまめな掃除機。
カーペットのゴミを入念に取りたい場合は、カーペットの毛とは逆向きに掃除機をかけると効果的です。
毛にそってカーペットに掃除機をかけ、次に毛の逆向きに掃除機をかける。
このような対処法もあります。
タイミングを見てカーペットクリーニングに出していても、カーペットの汚れは日常的につくもの。
家庭ではこまめな掃除機がカーペットクリーニング以外の対処法になります。

ゴム手袋を使ったケアもおすすめです。
ゴム手袋をはめてカーペットを撫でると、掃除機では取り切れなかったゴミがゴム手袋にくっ付くのです。
掃除機の仕上げとしてたまにゴム手袋を活用してみてはいかがでしょう。

最後に

カーペットクリーニングのタイミングは、夏と冬の2回です。
しかし、カーペットのゴミや汚れは日常的に蓄積しますので、こまめな掃除機などのケアが重要です。
掃除機などでカーペットのケアをして、季節や気候のタイミングを見てカーペットクリーニングに出してはいかがでしょう。

カーペットのクリーニングはソファクリにお任せください。