オフィスチェアを洗浄する流れは?

オフィスチェアは会社の顔のひとつです。
来客のときにオフィスチェアが汚れていれば、好印象につながらない可能性があります。
オフィスにやってきた取引先の担当やお客様の印象のためにも、オフィス用品をキレイに保つことは重要です。

会社の印象を左右するオフィスチェアの洗浄を専門店に依頼すると、どのような流れでオフィスチェアの汚れを洗い流すのでしょう。
オフィスチェア洗浄の相談から流れまで、わかりやすくご紹介します。

オフィスチェア洗浄の相談と依頼の流れ

オフィスチェアを洗浄するときは、まずは当社にご相談ください。
オフィスチェアの状況や適切なオプション、洗浄完了までの時間などの説明し、見積もりをするという流れになります。

一言にオフィスチェアの洗浄といっても、汚れの状況はオフィスチェアによって違っているのです。
シミなどが多い場合はただ洗浄するだけでなく、シミ抜きをする必要もあります。
黄ばみなどがあれば黄ばみを除去してキレイにする必要がありますし、オフィスチェアによって大きさや素材も異なっているのです。
それぞれのオフィスチェアを洗浄し、美しく仕上げるためにどのようなオプションなどが必要かも確認し、そのうえで見積もりを出す流れになります。
見積もりや施工、オプションの提案はもちろん無料です。

見積もりを出した後に施行日について打ち合わせをして、実際にオフィスチェアを洗浄する流れになります。
「この期間にオフィスチェアを洗浄して欲しい」という希望があれば、洗浄の施工日を相談可能です。

オフィスチェアを洗浄する流れ

施行日になったら、当社のスタッフがオフィスチェアの洗浄をおこないます。

オフィスチェアの洗浄をする会社には、会社ごとの特徴があります。
当社の特徴は、社員が肩書に関わらず現場に出てオフィスチェアの洗浄をおこなうところです。
社員の中にも得意分野がありますので、施行日や見積もり、必要なオプションなどを確認したうえで、
依頼法人の要望にあわせた得意分野を持つ社員が洗浄にあたります。

オフィスチェアの洗浄の施工時は、仕事をストップしなければならないわけではありません。
熟達の担当が仕事の邪魔にならないよう配慮してオフィスチェアの洗浄を進めます。
心地よく仕事を進めるために気になることがあれば、事前に相談することも可能です。

オフィスチェアの洗浄が終了したら、アフターフォローへの対応という流れになります。
オフィスチェアを洗浄して終了ではなく、洗浄後のサポートについても適切な提案をするという流れです。

最後に

オフィスチェアを洗浄する流れは、相談からはじまり、
見積もりなどをおこなってから、当社の専門技術を持つ担当が仕事の邪魔にならないよう配慮しながら洗浄をおこなうという流れです。
当社の場合はオフィスチェアの洗浄をして終わりではなく、アフターサポートもしっかりさせていただきます。


オフィスチェアやカーペットの洗浄は、ソファクリへお気軽にご相談ください。