タイルカーペットのシミ取り方法や注意点をクリーニング専門店が解説

タイルカーペットは気軽に使えるので、人気のあるカーペットのひとつです。
タイルカーペットは敷き替えも簡単で、アレンジもしやすいことから、自宅とオフィス両方で使われることがあります。

ただ、タイルカーペットも足元に敷くカーペットである以上、汚れることがあります。
コーヒーなどの飲み物をこぼしたときなどは「シミになる」と慌ててしまうことがあるはずです。

カーペットやソファのクリーニング専門店が、タイルカーペットのシミ取り方法や注意点を解説します。


自分でできる!タイルカーペットのシミ取り方法とは

タイルカーペットにコーヒーなどをこぼしてシミを作ってしまったときは、まず自分でシミ取りしようと考えるのではないでしょうか。
シミによっては、ティッシュなどでふいても色がついてしまいます。

可能な限りタイルカーペットのシミ取りを自分でしたい場合は、どのような方法で対処したらいいのでしょう。
まずは、シミの種類ごとのシミ取りについて説明します。

・タイルカーペットの水溶性の汚れのシミ取り

ぬるま湯などで濡らしたタオルでシミ取りをします。
タイルカーペットのシミを、シミ取りに使うタオルに移すような感覚でふいてください。
中性洗剤を軽く含ませて同じようにシミ取りする方法もおすすめです。

・タイルカーペットの油性のシミ取り

油性のシミ取りをする場合は、まずはスプーンなどで汚れをこそげ取っておきます。
そのうえでタイルカーペットをぬるま湯などにひたしたタオルでふく流れです。
タオルである程度ふいてから、中性洗剤をふくませてさらにふいてください。


タイルカーペットのシミ取りをするときの注意点

タイルカーペットのシミ取りは、シミの種類によって異なります。
この他にもシミ取りの際は注意したいポイントがふたつあります。

・タイルカーペットは汚したらすぐにシミ取りをする

タイルカーペットは汚したらすぐにふくのが基本です。
コーヒーなど色のついている飲み物をこぼして放置してしまうと、タイルカーペットに色がより深くついてしまいます。
シミ取りはすぐにおこないましょう。
シミの範囲が広い場合やシミの色が深い場合は、業者に依頼してタイルカーペットのシミ取りをすることをおすすめします。

・タイルカーペットの汚れに注意

タイルカーペットを土足で使っていると、タイルカーペットに土ぼこりや砂ぼこりが付着していることがあります。
ふいたときにほこりなどの汚れも落ちることや、ほこりなどの汚れによってシミ取りが上手くできないことがあるのです。
ゴミも含めてしっかりとシミ取りをしたい場合は専門業者に依頼することをおすすめします。


最後に

タイルカーペットのシミ取り方法はシミ取りするのが水溶性か油性かによって異なります。
ただ、どちらのタイルカーペットの汚れも、シミが広かったり、色が深かったりするとなかなか落とせません。
タイルカーペットを土足で使っている場合などは、土ぼこりなども問題になります。
タイルカーペットのシミ取りをしっかりおこないたい場合は専門業者であるソファクリにお任せください。