ペットによるソファの汚れや傷の対処法!クリーニングなど方法を解説

■ペットによるソファの汚れや傷を防ぐ方法

 

ペットによるソファの汚れや傷に対処するためには「汚れや傷を防ぐこと」が重要です。

汚れや傷を防げれば、その分だけソファをキレイに保つことができます。

汚れの度合いが酷いより、あまり汚れない方がキレイにする手間もかかりません。

ペットによるソファの汚れや傷に悩んでいる場合は、第一にソファの汚れや傷を防止する方法をこうじることが重要です。

 

ペットによるソファの汚れや傷を防ぐ方法はふたつあります。

 

・ソファにカバーをかける

・ソファをこまめにお手入れする

 

ソファにカバーをかけておくと、猫や犬の爪による破れや粗相による汚れなどがソファにつきにくくなります。

ソファをそのまま使うのではなく、汚れや傷防止のためにカバーをかけて使いましょう。

ソファカバーは防水や撥水、抗菌、消臭などの効果があるものを使うと臭い対策やシミ対策にもなります。

カバーは基本的にすぐ外せますから、代えを用意しておいて、こまめに交換して自宅でクリーニングするといいでしょう。

購入時に自宅でクリーニングできるタイプのソファカバーかチェックしておくこともポイントです。

 

ソファの汚れや傷を防ぐためには毎日のお手入れも重要になります。

簡単なお手入れで問題ありません。

ソファを掃除機で吸ったり、拭いたりしておきましょう。

こまめにペットの毛などを吸っておくと、クリーニングのときに「ペットの毛が落ちていない」というお悩みの対策にもなります。

 

■ペットによる汚れや傷がついたら専門店のクリーニングで対処する

 

ペットによる汚れはソファの奥に毛が絡んでしまうなど、お手入れしていても蓄積されるのが特徴です。

ペットによる傷が増えると、その分だけソファの劣化が早くなります。

汚れが蓄積されていると、ますます経年劣化のスピードは速くなります。

カバーをかけていても臭い移りしてしまうなど、自宅でソファカバーだけをクリーニングしただけでは汚れや臭いが気になることも少なくありません。

 

ペットを飼っている場合は、ソファを定期的に専門業者にクリーニングしてもらうことをおすすめします。

専門業者のクリーニングは専用の機器と薬剤を使いますので、蓄積された分の汚れもすっきり落とせるのが特徴です。

傷による経年劣化を防ぐことにもつながります。

 

掃除機をかけてもペットの毛が残っている場合や臭いが気になる場合などは、ペットの汚れの蓄積をリセットするためにも、業者によるクリーニングで対処することをおすすめします。

 

■最後に

 

ペットが自宅にいると、どうしてもソファに汚れや傷がつきやすくなります。

 

ペットの汚れや傷の対処法としては、ソファカバーの活用や普段からのお手入れ、自宅でのクリーニングなどがあります。

しかし、汚れが蓄積されると、自宅でのクリーニングだけでは対処が難しいのが実情です。

蓄積された汚れも業者のクリーニングならすっきりとキレイになります。

 

ソファのクリーニングはソファクリにお任せください。