札幌で汚れてしまった革ソファのクリーニングはお任せ下さい

 

休日に家族団欒の時間を過ごすためや一人でのんびりしたい時など使用用途によって形や素材にこだわりを持つお客様が増えてきています。

温かみがあるカラフルなソファやリッチ感が出る革ソファ等、ソファによって室内の雰囲気を大きく変化させる要素になっています。

 

家族で毎日使っていく中でシミや臭いが気になるお客様や予期せぬ汚れなどで悩むお客様もいらっしゃると思います。

お客様のご依頼の中でソファのよくある悩みと各汚れに対応したクリーニング方法についてお伝えしますので

ご依頼にお悩みの方、是非参考にしてください。

 

■ソファのよくある悩み

ソファの素材には大きく分けて大きく分けて2種類「革」と「布」、革は「本革」「合成皮革」、布は「天然繊維」、「化学繊維」があります。

本革はデザインに高級性があり丁寧に使えば丈夫で長持ちで長く使うことにより買ったときより味が出る特性ですがお手入れをする必要があることや他素材のソファに比べ価格が高くなっています。

ひび割れは本革に起き、保湿などのお手入れをしないとひび割れます。

 

合成皮革は本革に比べ色が豊富で日々のお手入れが簡単で済むことや比較的安い金額で購入可能な事が利点ではあるが経年劣化で合成皮革が剥がれることやひび割れを起こしてしまう欠点があります。

合成皮革は状態の変化は起こりにくいが、劣化が早く、弱いと言われております。

 

布地はデザインが豊富でカバータイプのソファだったら洗濯が可能であり金額もお手頃なのが利点ですが汚れや摩耗が残りやすい欠点もあります。

天然繊維は水に弱い性質で化学繊維は水に強い性質を持っています。天然繊維はカバータイプなら洗えますが、縮む可能性もあります。また、化学繊維は温かみや質感がどうしても劣ってしまいます。

 

当社をご利用しているお客様の中で多いのが汚れや臭い、水染みのお客様が多いです。

飲み物のこぼしや汗や清掃ムラが原因となっているケールが多くあります。

 

使っていく中で汗や油脂が蓄積し汚れや臭いに繋がってしまう事は避けにくい問題です。

ペットを飼われているお客様はペット特有の臭いがついてしまう事や湿気などによるカビの臭いにお悩みの方も多く、臭いを気にして洗剤等を多く使ったことで輪染みになってしまう方も多くいらっしゃいます。

 

合成皮革素材のひび割れが多い原因が勢いよく座るや経年劣化によりひび割れになってしまうお客様がとても多いです。

合成皮革の場合、素材自体は強いがクッションがへたる、色落ちなどで風合いが悪くなるという欠点があり、

本革の場合、ひび割れが多いことや、表面がボロボロになるという欠点があります。

 

当社が行っている洗浄方法ドライクリーニングは水を最小限に使う泡洗浄を行うため、様々な汚れに対応した洗剤を使用し長年の使用によって汚れてしまったソファを本来の色合いや風合いに戻すことが可能です。

 

■各汚れに対応したクリーニング方法

汚れや臭いの中でアルコールや嘔吐などがとても取りにくいものとして挙げられます。

 

この二つに共通しているのは酸性であり、酸性にはアルカリ性がとても有効とされています。

アルカリ性を酸性汚れに使用することにより性質が中和され、より汚れを落としやすくなる効果があり、強アルカリ性を使用すると汚れが落ちやすい一方素材を傷めやすいため、洗浄力が落ちてしまうが弱アルカリ性の洗剤を使用することで素材のダメージを最小限に抑える事が出来ます。

 

近年では合成繊維を使ったソファが多くなってきた中、洗剤を使用したことにより予期せぬ化学変化が起きてしまうこともあるため、素材や汚れの特性に合った洗剤を使用することが求められています。

 

当社はでは汚れごとに洗剤の性質を変えることにより汚れや臭いを効率よく洗浄し、お客様が家具をより長く使っていただけるよう洗浄後の後処理に関しても徹底しております。

 

■最後に

当社で使用しているフォームクリーニングは乾燥洗濯という意味があり、素材の伸び縮みや風合い変化を抑える効果があります。

ご依頼いただいたお客様がより長く使っていただけるように配慮し洗浄致します。

汚れや臭いに関して悩んでいる方や他社でクリーニングを断られた方は是非、ソファクリにご相談下さい。